小さな恋のメロディ。。さっちゃんの物語みたい。。

11さいの少年ダニエルと少女メロディの初恋の物語です。さっちゃんは

この映画を見て世界がくっきり見えたのをよく覚えている。ビンに入れた赤い

金魚を眺めながら町を歩くメロディが可愛かった。大人の事情なんかどうでも

いいよ。世の中の複雑さなんてみえないよ、世界はくっきりみえるけど。。。

思いと行動は一直線。。このことはず〜と変わらないよ。。この頃は思わなか

ったけど、さっちゃんって心が透明なんだなァ。。中学の時はあんまり学校に行って

なかったけど、好きな男のコはたくさんいて、毎日ワクワクしてたよ、

| - | 14:31 | comments(0) | - | - |

今日は1行ごとにいろんなこといっぱいいっぱい書くよ。。

1、よくよく考えると、やっぱり豊かな行き方は一人で生きていくことかな。。

 

2、昆虫の中ではタガメが最高!!

 

3、川の魚は、サツキマス、イワナ

 

4、さっちゃんちには、ワンちゃんが4匹、ニャンコが2匹、ウサギが1匹

 

カメが1匹 いっぱいいるよ、いつも心がけているのは「、自分が犬だったら」ここに本文を記入してください。
 

 

と考えて朝はブラッシング、目薬、朝夕のお散歩、いつも水曜日はみん〜な

 

お風呂、カメのスネオくんは毎日こうらをキレイにする、大変みたいだけど

 

楽しくてしかたないのだ!!

 

5、さっちゃんちのお庭は、風が運んできた花や樹木でいっぱい、スズメたちは

 

玄関や裏戸を開けるといつも待っている、

 

6、今7月でセミの鳴き声ですご〜いけど、あの子たちは1週間の命とか

 

死んでいても、さっちゃんは土の中に埋める。。

 

7、ちょぴり悲しいこと、名古屋の父も大阪の父も動物が大好きだったけど

 

兄は嫌いで多分もうわたしの家には来ないと思う、さびしいなァ。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 11:18 | comments(0) | - | - |

自慢ばっかり、のさっちゃんだからかなァ.....

1什1采なんていつも言ってるさっちやんだけど、本当は料理大好きで1日中

作っていたいのだ、この間朝日新聞にcuscus(くすくす)のレシピが載って

たけど、ウ〜ンとおもったよ。チュニジアで食べたクスクスあんまりおいしくて

涙が出た、キリスト教もイスラム教もいろんな宗教の人たちが、みんな仲良くて

大好きな国です。お友達になった男の人にお祈りはアラーのモスクで1日2回

してるって英語で聴いたら、1日2回酒を飲んでるよって言ってた、その人と

地中海が見えて向こうにはイタリアが見えるレストランでいつもクスクスを

食べてた。たった3日間だけど恋したよ、クスクスもその人にも、デザイナーの

勉強をしていて、自分のお家の図面も見せてくれた、メールも知ってるけど

ステキな想い出のまま。。朝日新聞に掲載された料理研究家の脇 雅世さん

この材料と作り方はクスクスを知らない人は作れないですよ、さっちやんは

大好きで自分で工夫して作ってるけど、初めて作る人のことも考えてほしいなァ

 

| - | 11:11 | comments(0) | - | - |

今、レッスンを受けている先生から大切なことを学んだ。!!

ピラティスを習いたくて、いっぱいいろんなスポーツクラブのインストラクターの方とか

ネットで見た教室とか、レッスンも受けたけど、素人のさっちやんが言うのもなんだけど

1回で次は行かなかった、でも今レッスンを受けている先生は全然違う ピラティスの内容も

すばらしい、それから人としてのすばらしさ、やっぱりぜ〜んぶがすばらしくなければ

人を教えることなんてできないのだ、おもしろくて、わかりやすくて、また行きたくなる

これって毎日がワクワク、ドキドキ!!ありがとう 先生 いっぱいいっぱい大切なこと

学びました。これからもよろしく!!

| - | 09:48 | comments(0) | - | - |

今日のビッグニュース。。

イタリアのフィレンツェに住むお友達から電話、1年に1回くらいの電話か手紙、

さっちやんがスマホやタブレットはイヤなので、だって自分しか興味がないさっちゃん、

でも、ゆっくり考えるととみちゃんうらやましいナァ、さっちゃんの大好きなフィレンツェ

で一人暮らしだ、電話のお話はこちらに来ないかってこと、旅行ではなく一緒に住もうよ、

とっても無理、だってワンちゃん、ネコちゃん、ウサギちゃん、カメのスネオくん、そんなに

連れていけないよ、イタリアのすばらしさはほとんどの家は200年以上、子孫の人々は豊かな

生活が出来る、日本のように世代ごとに新しい家の建てるからゆとりが生まれない・

このような事がすべての基本でイタリアは家や街を長持ちさせる、

のようなすばらしい芸術や文化が生まれる。とみちゃんはイタリアに住んでしあわせ過ぎて

いつもカンツォーネやオペラのレッスンに行って歌いまくっている。さっちゃんもゆっくり

考えるよ!!でも2月にはフィレンツェに行くよ、待っててね!!

 

| - | 11:17 | comments(0) | - | - |

芥川賞作家の浜田圭介さん。。さっちゃんの大好きな男の一人かな。。

本を読むときは、いつもその人のプロフィールを調べてからにしている。

だって、プロフィールだけで読む気がしない作家も結構いるよ、なのになのに下調べなしにこの人の本を読んじゃつた、朝日新聞のコラムで私にピッタリと思ったから。。彼は料理を作ることが好きではないけど、外に出ていくのが面倒くさくて、自分で料理を作る、それから大食いで外食だったらお金がもたないだったら自分でするしかないよ、さっちゃん、料理大好きってず〜と言ってるけどひょっとして、彼の言うとうりかも、とにかく」冷蔵庫を開けてあるものでつくっちゃうでも自分のためには作るけど、人のためにはつくらないよ、なぜかと言うと、こんなにおいしいの、人には絶対あげるのはつらいよ、食べた人もおいしいと言わなきゃもあるし、おいしいこと、楽しいこと、自分中心でなくては、ケチで思いやりのないさっちゃん、ぜ〜んぶ彼が私にそっくりだったらファンになるよ!!

前にも書いたような気がするけど、人のためにっていう人、これほどつらい人はいないよ、だってその対象の人がいなくなったら、何もしないと思うよ、とにかく自分が主人公なのだ、友達、家族、社会、そんなのに頼る人生は卒業だ、スマホ、メール、ライン、本当にバカまる出し、これらの連中は電磁波の強い影響で40代後半からは認知機能が衰える100パーセント、えッ、じゃあわたしたちが面倒みる!!その数、ナント、3000万といわれている、えらいことだ!!

 

| - | 17:18 | comments(0) | - | - |

世界遺産の姫路城へ。。

6月3日、4日とすばらしいお天気で毎年恒例のグリーンの楽しい旅!!

3名の欠席者がおられたが、それでも25名の方が参加していただいた。3日は神戸の動物大国、植物も動物も本当にステキなところお弁当を持って行ってもいいので、親子で来る人たち、恋人同士や、町内会の方々、私達のような団体さん、真夏でも23℃になっている。

宿泊した赤とんぼ荘のお料理もおいしくて、夜の宴会ではふうくんが司会で大活躍でした。今年で18回になるけど、さっちゃんは遊ぶことはず〜と続く。。次の日、姫路城へ、天守閣まで上がりました。お城の中は、昔のままで、外国の方も感動されていた。 さっちゃんが行ったお城はいっぱいあるけど感動したお城は松本城、それから出雲の松江城かな。。あと2回行くと20年目に入るけど、さっちゃんは、エンドレスなのでこの旅はず〜と続くよ。

最高の旅でした。一緒に行ってくれたお友達、いつもやさしい添乗員の横部さん本当にありがとうございました。

                             

2017年6月 第18回グリーン研修旅行

 

                                                            世界遺産 姫路城の旅  

                      

| - | 09:39 | comments(0) | - | - |

小中義明さんのところに修行に行くのだ。。


まだよく調べてないけど、東近江市の八日市かまだわからないが

買えばビンテージもののジーンズ、1940年代とか1950年代

のジーンズ、100万もするのを、アメリカから糸を取り寄せたり生地

は岡山からとかビンテージものに近いジーンズを作っている小中さん、

ミシンも当時のシンガーのミシンを何台も揃えてもっともっと安い価格で

みんなのあこがれる私も弟子入りしますので教えて下さい。ここに本文を記入してください。
 

| - | 22:45 | comments(0) | - | - |

イグ・ノーベルって知ってるかなァ。。

簡単にいえば、人を笑わせ、考えさせた研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」

2014年にバナナの皮が滑りやすいナゾを解いた馬渕清資さん、この賞で静かな研究生活は大きく変わった、本を読んでも身近な話題から科学の話に映る時

おもしろくて我慢できない。科学の本でこんなに笑ったことはない。

説明用の資料は、すべて丸暗記だ。でも講演の時は全部はき出して最高の気分みたい。どんな分野でも徹底してみんなに楽しんでもらわなくては、先生とさっちゃんの共通点がひとつだけある。ファーブルの昆虫期が大好きなこと、面白いことを      まじめに  先生から大切なことを学んだ。     

 

 

| - | 11:47 | comments(0) | - | - |

大切なこと書くのを忘れてた。。

今月の12日のこと。。弓ちゃんとお友達のお寿司屋さんに京阪の樟葉まで

行った日、何回行っても方向音痴のさっちゃん、駅前なのに道がわからなくて大学生の男のがいたので お寿司屋さんの道を聞いた。とても親切でその場所まで行ってあげる、と言っくれるのだ、2人ともとっても優しくて涙が出たよ。

今の時代でもこんなにいい人がいるのだ。わたしはきっとこんなにいい人じゃあないよ、外に行ってもとっても親切に優しい人ばっかり、さっちゃんも梅田や心斎橋なんかで道を聞かれたら、その場所の近くまで行くようにしている。

うれしかったことってかならず1日に1回はあるのだ。さっちゃんはその事を奇跡といっている。たぶんうれしくて仕方がないから”奇跡”なのだ!!

 

| - | 23:42 | comments(0) | - | - |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--